法務局で自筆証書遺言の保管申立てをしてきました!

司法書士の柿沼です。

令和2年7月10日からはじまった法務局での自筆証書遺言の保管制度。

 

私自身の遺言書を早速保管してきました。

事前に法務省のサイトにて予約をします。

予約サイトはこちら

私が予約できたのは、7月14日(火)13時でした。

予約をするとやらざるを得ないのでいいかもしれません。

 

申立書の作成に1時間。

自分の自筆証書遺言の財産目録の作成(エビデンス集めも含め)に2時間程度かかりました。

 

そして、いよいよ予約の日です。

私の場合、九段下にある東京法務局(本局)が管轄でした。

場所は8階です。

3,900円の収入印紙が必要ですが、

事前に準備されていない方は

3階か4階にある印紙売り場で購入してから8階に上がるとスムーズです。

 

少し早い到着でしたが、

窓口に方に予約している旨伝えて、すぐに申立書や遺言書を受け取ってもらいました。

そこから、番号札をもらって、ひたすら待つことになります。

 

特に書類に不備もなく、約1時間待ち、番号を呼ばれ、

遺言書情報証明書を受け取って、終わりました。

 

最後に、任意のアンケートに答えて、法務局を後にしました。

当日の様子は動画にもまとめてみたので、ぜひご覧ください。

 

そして、本日はお客様の公正証書遺言の作成の証人のため、

京橋公証役場でした。

 

自筆証書遺言も、公正証書遺言も、メリット・デメリットがありますので、

お気軽にお問い合わせください。

遺言書

1

Related Posts

相続の放…

最近は「相続の放棄」の手続きのご依頼が多いです。  …
Read more

遺言の呼…

突然ですが、 「遺留分」というのをご存知でしょうか。 民法1…
Read more

遺言の呼…

11月に入ってリアルなセミナーの開催が増えてきました。 「遺…
Read more