自筆証書遺言の保管制度

自筆証書遺言の法務局での保管制度

 

令和2年7月10日(金)から始まる

自筆証書遺言の法務局での保管制度について、

法務省より詳しいリーフレットが登場しました。

 

弊所でも、こちらの制度を心待ちにしているお客様が多数いらっしゃいます。

 

 

細かい手続について判明!

 

1)まずは、手続の予約をしましょう。

令和2年7月1日から予約開始予定(詳細は法務省HPまで)

予約方法は3つです。

〇 法務局手続案内予約サービスの専用HPにおける予約(24時間365日可)

http://www.leagal-ab.moj.go.jp/houmu.home-t/

 

〇 法務局(遺言書保管所)への電話による予約

各法務局へ電話 ※電話番号は下記一覧をご参照ください。

 

〇 法務局(遺言書保管所)窓口における予約

窓口の住所は上記一覧をご参照ください。

受付時間は、平日8:30~17:15です。

 

2)申請書を作成しよう!!

申請書の様式は、こちらでダウンロードできます。

 

3)添付書類を用意しよう!!

〇 遺言書

〇 申請書

〇 本籍地の記載入りの住民票(作成後3か月以内)

〇 本人確認書類(有効期限内のものいずれか)

・マイナンバーカード

・運転免許証

・パスポート

・在留カード 等

〇 手数料  1通3,900円

 

 

自筆証書遺言の作成から保管まで

弊所では、「日本人全員に遺言書を」という想いのもと、

現在、457名の方(遺言書作成セミナー含む)の遺言書の作成をサポートしてきました。

相続の本も出版しています。

気になる方は、お気軽にお問い合わせください。

遺言書

 

 

0

Related Posts

法務局で…

司法書士の柿沼です。 令和2年7月10日からはじまった法務局…
Read more

【その感…

前回に引き続き、怒りの感情のお話です。   角度を…
Read more

遺言書作…

司法書士の柿沼です。 令和2年7月10日からはじまった法務局…
Read more