有限会社から株式会社へ移行後の役員登記

むかしむかし、

有限会社法というのがあり、商号に「有限会社」とある会社があったのをご存知の方はどれくらいいるでしょうか。

 

平成18年の会社法施行により、有限会社自体は設立登記ができなくなり、

既存の有限会社が残っているだけ、というのが現状です。

 

有限会社のいいところとしては、役員の任期がない、というところがあります。

すなわち、有限会社において、定款に役員任期を定めていなかった場合、役員の任期を気にする必要はありませでした。

 

この有限会社ですが、株式会社へ移行することができます。

そして、株式会社になった場合は、定款に記載の役員任期が到来する度に、役員の変更の登記が必要になります。

 

有限会社のままの感覚でいると忘れがちになってしまいますので、

元は有限会社だったが株式会社に変更しています、という会社の場合は役員の任期にご注意ください!

 

<株式会社になった後に役員任期到来している場合>

→有限会社設立から任期到来時で役員変更の登記が必要

例)

2006年 有限会社設立

2010年 株式会社へ移行(任期10年と設定)

2016年 役員変更の登記

 

<株式会社になる前に役員任期が到来している場合>

→株式会社になったタイミングを起算点として、以降任期が到来する度に役員変更の登記が必要

例)

2006年 有限会社設立

2016年    ↓

2018年 株式会社へ移行(任期10年と設定)

2028年 役員変更の登記

 

 

役員登記に不安な方は、司法書士事務所エンパシーへお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

会社・商業登記

0

Related Posts

オンライ…

司法書士の柿沼です。 今日は司法書士なら当たり前、「登記情報…
Read more

取締役の…

司法書士の柿沼です。 毎年、3月になると中小企業から大企業ま…
Read more