定款認証と会社設立登記の同時申請

令和3年2月15日から

定款認証の嘱託と設立登記の申請がオンラインで同時にできるようになりました!

 

電子署名をお持ちで、会社設立を急ぎたい方にとっては圧倒的に便利になります。

 

【通常の株式会社設立までのおおまかな流れ】

書類作成→公証役場にて定款認証→法務局へ登記申請(提出)→登記完了

(時期や管轄地域にもよりますが、法務局に提出してから約10日で登記が完了します)

 

【今回の同時申請の流れ】

書類作成→公証役場の面談予約→申請日当日に公証人とテレビ電話による面談→オンライン同時申請(定款認証と株式会社設立登記)→登記完了

 

※注意事項※

登記申請された当日に定款認証できなかった場合、会社設立日より定款認証日が遅れることになるため登記申請が却下されてしまいます。

 

<特徴>

 

  • 24時間以内に登記が完了する!

~条件~

①役員等が5人以内

②添付書面情報が全て電子署名により作成されていること

(登記申請がオンライン申請でも、添付書面を法務局へ郵送または持参する場合は24時間以内の処理の対象とはならない)

 

 

★制度詳細については、法務省のHPをご確認ください。

 

 

会社設立のご相談は、司法書士事務所エンパシーへ。

テレビ電話による電子定款の認証

会社・法人設立

0

Related Posts

オンライ…

司法書士の柿沼です。 今日は司法書士なら当たり前、「登記情報…
Read more

有限会社…

むかしむかし、 有限会社法というのがあり、商号に「有限会社」…
Read more

取締役の…

司法書士の柿沼です。 毎年、3月になると中小企業から大企業ま…
Read more