会社設立と銀行口座の開設

司法書士の柿沼です。

銀行口座の開設ができないと、会社を設立した意味が半減してしまうと思いますが、

益々口座開設の厳しさは増しているように感じます。

 

ポイントは下記の通り。

・会社そのものの実態(HPやパンフレット等も提出を求められます)

・株主は誰か

・役員は誰か

・本店はどこか

 

弊所のクライアントでも、

メガバンクがダメでも諦めずに、

地方銀行、信用金庫、ネットバンキング等、トライされると比較的どこかで口座の開設はできています。

 

なお、銀行口座開設時に会社法人番号の提出を求められます。

登記ができあがると12桁の数字が割り当てられます。

0001-01-123456

こちらは法務局で会社の特定をするための番号です。

 

一方、銀行口座開設時に求められるのは、

国税庁が割り当てている13桁の数字です。

こちらで検索できます。

 

 

会社設立の登記後、検索したらすぐに表示されるかと思います(昔は結構時間がかかったイメージです)。

 

なお、

会社設立ワンストップサービスを利用して設立登記を行った法人に対しては、

同サービス上で、

原則、

設立登記完了日の16時又は翌稼働日の11時に法人番号指定通知書をオンラインで送信します、

とのことです。

会社・法人設立

会社を設立したのに銀行口座が開設できない?!

0

Related Posts

オンライ…

司法書士の柿沼です。 今日は司法書士なら当たり前、「登記情報…
Read more

有限会社…

むかしむかし、 有限会社法というのがあり、商号に「有限会社」…
Read more

取締役の…

司法書士の柿沼です。 毎年、3月になると中小企業から大企業ま…
Read more