遺骨は誰のもの?!

先日、こんなご相談がありました。

 

「亡くなった娘は、私(母)のお墓に入りたい。」

と言っていたのですが、

娘の配偶者は遺骨を渡してくれません。

どうしたらよいですか。

 

遺骨の帰属の問題というのは、

 

もしかしたら、

 

相続財産の争いよりも、

 

感情が複雑に絡まって困難なものかもしれません。

 

はてさて、

 

そもそも、

 

遺骨は誰のものなのでしょうか。

 

遺骨の帰属者について、下記の学説があります。

 

(1)相続人承継説

(2)喪主帰属説

(3)祭祀承継者承継説

 

そして、判例は(2)と(3)で分かれています。

 

最高裁の判断はというと、

 

平成元年7月18日の判決にて、

 

「遺骨は、慣習に従って、祭祀を主宰すべき者に帰属する。」

 

と判示しています。

 

遺骨について、

 

家族で争う、法廷で争う、

 

というのもなんだかせつないですし、

 

分骨に応じることが普通にはならないでしょうか。

 

バラバラになるのは、かわいそう、おかしい、という意見もありますが、

 

現実を見ていると分骨でよいのではないか、と思ってしまいます。

0

Related Posts

相続の放…

最近は「相続の放棄」の手続きのご依頼が多いです。  …
Read more

遺言の呼…

突然ですが、 「遺留分」というのをご存知でしょうか。 民法1…
Read more

遺言の呼…

11月に入ってリアルなセミナーの開催が増えてきました。 「遺…
Read more