自筆証書遺言の保管制度 その2

司法書士の柿沼です。

自筆証書遺言の保管制度が令和2年7月10日から始まります。

士業の間でも、

SNS上でも、

話題に上がることが増えてきたように思います。

 

6月24日に法務省の関連HPが更新されました。

 

より具体的な情報がでてきたのでご紹介します。

 

<持参する遺言書について>

(1)遺言書が数枚に渡ってもホッチキス止めは不要

(2)封筒は不要

(3)遺言書の用紙はA4サイズ、上5mm、下10mm、右5mm、左20mm以上の余白が必要

※自信のない方は、法務省のHP上にて、遺言書の用紙ダウンロードできるようになっていますので、

こちらをお使いください。

 

<遺言書の保管申請書について>

パソコンが操作できる方は、そのまま打ち込めます。

こちらからダウンロード可能です。

各種申請書のフォーマットダウンロードできるようになっています。

 

<実際の申請までの流れ>

 

自筆証書遺言の保管制度 その1もご参照ください。

自筆証書遺言の保管制度

 

何かご不明な点等ございましたら、弊所までお気軽にお問い合わせください。

0

Related Posts

相続の放…

最近は「相続の放棄」の手続きのご依頼が多いです。  …
Read more

遺言の呼…

突然ですが、 「遺留分」というのをご存知でしょうか。 民法1…
Read more

遺言の呼…

11月に入ってリアルなセミナーの開催が増えてきました。 「遺…
Read more