第1回改正債権法勉強会

第1回改正債権法の勉強会を開催しました。

こちらの勉強会、勉強方法が少し変わっています。

9名の参加者にて、

こちらで指定したテキストを使って、

各自で「錯誤」とか「消滅時効」とか担当を決め、

15分集中して、その内容を要約をした後、8分プレゼンをしてもらい、

情報を共有し、

気になったことや、こういう場合はどうなるの?など対話をして理解を深めます。

こうすることで、下記の効果を期待しながら勉強しています。

1)知識の定着率を高める(インプットとアウトプットを同時にする)

2)深い気づきと創発

3)個人の多面的成長(集中力、要約力、プレゼン力等)

4)コミュニティ作り

5)楽しい

 

初の試みでしたが、参加者の反応もよく、来月もやっていきます。

 

それにしても、参加者全員が感じたこと。

「今回の債権法の改正はやばい・・・」

いろいろなことが改正されていて、

「錯誤無効」とか「時効の中断」という言葉を改正後も使っていたら、

勉強していないな、と思われてしまいます。

この改正に伴い、今まで使っていた契約書のひな型も大幅な変更が必要となります。

しっかり勉強して、慣れていかないといけないボリュームと内容です。

 

0

Related Posts

司法書士…

うちの息子が、4月から小学校に通います。 保育園の卒園式の準…
Read more

2020…

2020年1月6日より業務をスタートしました。 旧年は大変お…
Read more

相続案件…

相続診断士からのご紹介で夏頃から手掛けていた民事信託の案件で…
Read more